最新のニュース、各地域の話題をお届け!

スティッチ!アメリカ生まれシニア出会い系!高齢者、中高年向け

アメリカ生まれのシニア高齢者中高年向け
出会い系サービス、スティッチ(Stitch)が
2016年3月25日の全力!脱力タイムズで紹介
されるとのことで調べてみました!

参照元:東洋経済ONLINE

追記!
スティッチ公式動画を発見したので

最下部に追加しました!
スポンサードリンク

スティッチってどんな出会い系サイト?

・本社はシドニー、サンフランシスコ

・会員の年齢層は50~80代

・ルックス等で相手を探すのではなく
興味や趣味、普段の生活を基に仲間を探す

・スティッチのサイト上でネット電話が可能
電話番号を交換せずに電話が出来る

・写真撮影が出来ない場合はサイト上で
簡単に撮影できる機能また普通の写真を
郵送すればデジタル化してサイトに掲載可能

・1日1人プロフィールしか閲覧できない
無料サービスのほか、月額9ドルの
ベーシックプラン(プロフィールの閲覧は無制限)
月額19ドルのスタンダードプラン
(プロフィールの閲覧は無制限、ネット電話可)
などのプランがある(2014年時点)

スティッチはどんな意図で作られたの?

タペストリーという高齢者と家族を繋ぐ
ソーシャルネットワーク(SNS)のCEOを
やっているアンドリュー・ダウリング氏

彼がサンフランシスコ近辺で高齢者世代を
調査していた時に、近所で同世代の独身
をしらないか?と頻繁に聞かれたことから
高齢者の最大の関心事は気の合う人と
過ごすこと、ということに気付いたそう。

シニア世代が直面する「孤独」は
健康問題と同等、もしくはそれ以上の問題。

会社を退職し、離婚、死別などで伴侶を失い
また子供たちは遠方に住んでいる…
そうなるとどうしても1人で過ごすことになる。
また体を壊したりした場合はさらに孤独は増す
外出も出来ず家に居るばかり。

体を壊さずとも老化により体の自由が
きかなくなり外出が減ると行動範囲とともに
交友関係も少なくなっていく。
周りとコミュニケーションをとりやすい
介護施設は入居費が高く結果的に自宅で過ごす
ことに。そんなシニアの孤独を解消する為
2014年3月に立ち上げたのがスティッチ。

スポンサードリンク

出会い系サイトって詐欺にあいそうで怖い

Stitch(スティッチ)は日本人の持つ
ダークなイメージの出会い系サイトとは
サービスの質が異なります。

またスティッチではなく出会い系を
運営する日本の企業でも、詐欺等を
行っていたのは一部の違法業者です。

駅前などで広告を出している規模の
出会い系業者等はそのようなことは
行っていません。警察の監視の目は
厳しくちょっとでも問題のある行動を
するとすぐに引っ張られてしまうので
むしろ安心と言えるのではないでしょうか。

というか怪しいサイトなら
「フジテレビ全力!脱力タイムズ」
でも紹介はしないと思います。

日本でも使えるの?

現段階では日本では使えない、というか
スティッチの日本版はリリースされてない
ようです。似たような名前のサイトが
日本にもあるようですが、上記のスティッチ
とは無関係のようですのでご注意を!
今後、日本に進出する可能性もあるとの
ことですが現在は発表されていないようです。
また追加情報がありましたら追記致します。

追記!アメリカyoutubeよりstitchの公式動画を発見しました!

出会ったカップルのようですね!

動画引用元:youtube

スティッチの説明動画ですね。
スティッチってなに?どうやるの?的な

動画引用元:youtube

動画引用元:youtube

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

脂肪燃焼スープダイエット実践ブログ更新中!

オススメダイエット記事!

hige

管理人の体験談!

hige