最新のニュース、各地域の話題をお届け!

バラクーダトルネード動画!神秘!1万匹巨大魚の渦!インドネシア

神秘の渦、バラクーダトルネ

バラクーダトルネードがめっちゃ見たい!

2016年4月12日(火)の
世界ウソでしょ旅行社やっぱり世界は
ブッ飛んでいる!?【衝撃映像体験の連続!】
にて「巨大魚1万匹の神秘の渦とは?」
とめいうってバラクーダトルネードが
紹介されるそうです。動画をご紹介!

めちゃくちゃ怖い…

田村亮、照英、篠原信一のお三方が
インドネシアにまでこの神秘の渦を
観に行くとのことですが、これって
本当に危ないんじゃ…!でも見たい!

スポンサードリンク

巨大魚1万匹の神秘の渦、バラクーダトルネードとは?

動画引用元:youtube

曲名が思い出せないけど
めっちゃ良い選曲ですね!

マレーシアのシパダン島での
ダイビングの際に撮影された
バラクーダトルネード…

 

怖すぎる…
ゾっとします。

 

このバラクーダトルネード
実は日本でも食用として見かける
「カマス」の仲間の魚の渦だそうです。

 

この魚の名前がバラクーダ
バラクーダが渦を形成することから
バラクーダトルネードと呼ばれているそう

 

ちなみにこのバラクーダ
一部ではサメより危険と言われるぐらい
凶暴で噛まれて大怪我をした事例も
あるとのこと!怖すぎ~!

 

以前、イッテQでも撮影に挑戦して
失敗に終わったとのことですが
今回はどうなんでしょうか。
遭遇・撮影出来る確率は20%とのことです。

 

それにしてもめっちゃ怖いなぁ…
でも見たい!!

 

動画引用元:youtube

 

私が巨大魚に恐怖を感じるように
なった理由を長々と書いてみたので
暇な方はご覧下さい。

 

スポンサードリンク

バラクーダトルネードが観れる島へのアクセス。

 

動画ではマレーシア、シパダン島での
ダイビング風景でしたが、現在シパダン島のある
サバ州東海岸の情勢が不安定な為
訪れるのは難しいようです。

 

なので、今回の番組はインドネシア
だったんですね!

 

インドネシア、メナドへの
ダイビングツアーは3泊6日で
15万~だそうです!

ツアー案内ページ

 

【メナド】~バラクーダのトルネード~

動画引用元:youtube

 

巨大魚好きになった理由(個人的な話です。)

 

ike

私が子供の頃、家から3分ほど行った所に
ダムといってもいいぐらいの大きさの
池がありました。その池はカッパに注意!
という看板があり、幼少期の私は薄暗く
ヌルっとした池の雰囲気とその看板の
相乗効果で少し怖い思いをしていました。

 

その池の右隣は竹林に囲まれた茅葺屋根の
古い料亭、そして左隣は古い結婚式場
結婚式場の奥にはラブホテルと呼ぶには
古すぎる連れ込み旅館のようなホテル
そしてそのホテルの裏がキュウイの果樹園
になっているというかなりカオスな池でした。

 

そのホテルはどうやら料理を作る際のゴミを
一部池に捨てていたようです。

 

たまに池が部分的に干上がるのですが
干上がった際にホテルの下部分には
ムール貝の殻が大量に盛り上がっていました。

 

小学校5年生の頃、今思うと
私と友達はその一帯の独特な雰囲気に
魅了されていました。

 

バス釣りブームということもあって
私達2人はその池にも釣りをしに行って
いました。

 

ある日、その池に釣りに行くと
水が一部干上がっていてムール貝の部分が
露出していました。その光景は何度か見た事
あったんですが、その日はいつもと違い
ムール貝の部分に降りてみようと
いうことになりました。

 

池にはどういう目的か縄はしごみたいな
物が設置してあり、そのハシゴを使って
下まで降りることができました。

 

足でムール貝の殻を踏んで割ったりして
遊んだあと、私たちは洋館の裏部分に
キュウイの果樹園があるのを発見し
あそこに行ってキュウイを食べようと
果樹園に向かいました。

 

果樹園に入ってキュウイをもいで
食べようとしましたがカチカチ。
私は皮ごと食べるのも平気なので
そのままかじりましたが酸っぱくて
食べれたものじゃありませんでした。

 

そのまま帰るのももったいないので
果樹園の先まで行ってみようという事で
昼間なのに薄暗い果樹園をどんどん
進んでいきました。

 

果樹園は恐らく、そのホテルというか
旅館が管理しているものみたいで
旅館の裏側が丸見えで、廃棄された
家具などがゴロゴロ転がっていて
想像以上にカオスな状態…

 

今考えても結構怖いというか
薄気味悪い場所でしたが
怖いもの見たさのスリルもあって
2人共、結構楽しんでいました。

 

そんな時、いきなり

 

バシャーン!!

 

という音が池の方からして
友達がウワッ!と声をあげました。

 

友達が言うには信じられないぐらい
大きな魚が跳ねたとのこと。

 

その池には雷魚がいたので
私も友達もそこそこ大きい魚には
慣れていましたが、その友達が
驚くぐらいなので相当大きいのだろう
と、私たちは一時池を見守ることに。

 

池の淵ギリギリのところまで行って
30分ほど池をのぞき込んでいました。

そして諦めかけたころ、目前2m位の
距離の水面にソレが出現しました。

 

体長2mぐらいの鯉の様な魚

それがスーッと泳いでいったのです。

私は凄い!とかそういう感じじゃなく
ただただ恐怖を感じました。
その魚は人間っぽい顔をしていた
わけではないけど
犬がこちらを見ている時の様な目
でこちらを一瞥して泳ぎ去ったのです。

 

それから一週間ほど、あの魚を
思い出してはブルっと震えるような
感覚に襲われました。

 

あの魚の視線は私の気のせいかも
しれませんが、確かにこちらを
見ていたような気がするのです。

 

あれ以来私は巨大魚に恐怖を感じつつ
それ以上のロマンを感じます。

 

現在、結婚式場は廃業
料亭は建物ごと移転
(どうやって運んだんだろう)
ホテルも廃業となっております。

 

私の住んでいたボロい長屋も
草っぱらと化してます笑

 

人面魚と言えばシーマン
懐かしいですね~

 

シーマン(amazonリンク)

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメダイエット記事!

hige

管理人の体験談!

hige