最新のニュース、各地域の話題をお届け!

ストップ遊び?やり方!久保田カヨ子氏の子供の遊びで知育教育

脳科学おばあちゃんこと久保田カヨ子さん
脳科学の権威、久保田競氏さんの
最強タッグが書いた新刊
「1歳からみるみる頭がよくなる51の方法」
が発売されました!売り切れ必死!

 

ストップ遊び、というもので小さな子供の
いわゆる「脳トレ」が行えるとのことなので
調べてみました!最近、友達の家の子供の
誕生日で知育玩具などを調べる機会があって
こういう本も一緒にプレゼントすれば良かったなぁ
と思いました!

ちなみにプレゼントはこれにしました!
値段がはる、でも気になる、という
コンセプトで選んでみました!

楽天リンク

 

でも1歳の子にあげるのは
ちょっと早かったかも!

スポンサードリンク

ストップ遊びの方法!やり方!

楽天リンク

 

 

子供がある程度育って
外出するようになった時

室内には無かった危険が色々あります。

とくに危険なのが車や自転車。
とくに車ですね。

 

小さな子と接しているとわかりますが
小さな子って立ち止まろうとしても
中々とまれないんですよね。

 

これは性格とかでなく
歩き始めの幼児は「急ブレーキ」が
かけられないそうなんです。

 

そこで、自宅で急ブレーキの練習を
しようというのが「ストップ遊び」

外に出て事故などの危険から
お子さんを守る為に是非やっておきたいですね。

 

気をつけよう、車はすぐに止まれない
という標語がありますが
気をつけよう、子供もすぐに止まれない
ですね!!

 

スポンサードリンク

ストップ遊びのやり方、方法!

 

目的地はお子様の興味のあるもの。
ここではテレビとします。
おもちゃ箱なんかでもいいですね。

 

その「目的地」に向かってボールを
転がして、「ボール取ってきて」と
お子様にお願いします。

 

1度目はボールをとりにいって戻ってこさせる。

 

2度目はテレビへの道の途中にざぶとんを設置
お子様がボールを取りに歩き出したら
「ざぶとんがあるよ!よけて止まって!」
と声かけをします。

 

そしてざぶとんの位置を何度か変更して
繰り返し、お子様がざぶとんの上を歩き
そうになったら「ストップ!」と強く言います。

 

すぐ止まれるようになるまで数回繰り返します。

 

そして止まれるようになったら「目的地の手前」
にざぶとんを置いて「ストップ」と声をかけます。

 

厳しく指導するという感じでなく
楽しく続けれられるように行うのがコツ。
続けながら止まれるようになるまで
やってみてください。

子供にとってストップは難しい!

子供にとってストップですぐに止まる事は
とても難しい事だそうです。

頭で考えて出来るものではない、とのこと。

 

なので、ストップ遊び(ストップ訓練)で
慣れさせ、習慣にさせることで
ストップが表示された信号で動きを止める
ノーゴー行動を記憶させるのです。

 

赤信号でちゃんとストップできる習慣
是非身に着けておきたいものですね。

 

確かに、街中で小さな子供が
フラフラ~っと飛び出しそうに
なっているのを何度か見たことがあります。

お母さんが手をガシっと掴んでいたので
いいものの、両手ふさがった状態だったり
したらゾっとしますよね。

 

そんな状態じゃ、お母さんの精神面での
負担も大きくなります。

なので、室内に居る頃から練習しておくと
様々な面でメリットがあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

脂肪燃焼スープダイエット実践ブログ更新中!

オススメダイエット記事!

hige

管理人の体験談!

hige