最新のニュース、各地域の話題をお届け!

レコードを高音質録音しCD化、ハイレゾ音質でデジタル化する方法!

PS-HX500

 

レコードをダビングしたい、CD化したい
デジタル化したい、MP3に変換したい…
そんな風に思っている方は少なくないはず。

 

なんと言ってもレコードのままだと
保管が大変ですもんね。

もちろん自慢のコレクションを棚に並べる
っていうのは男の夢でもありますが
そうは言ってられない状況もあります。

そんな日が来た時に、大好きなレコードを
出来るだけ高音質でデジタル化する
お役立ちグッズをご紹介!

 

最近よく聞くハイレゾ音質で
デジタル化出来る世界のSONY商品ですが
ハイレゾってよく聞くけど一体何なの?
という部分も調べてみました。

利用方法の動画解説も貼っておきますので
PS-HX500の使い方がわからない人も是非!

スポンサードリンク

PS-HX500でレコードをハイレゾデジタル化

 

レコードをデジタル化する機器なんて
そんなに需要あるの?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
この2016年3月16日より予約を受け付けていた
新発売のソニー製品
ステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」が
すでに供給不足とのことなのです!

 

つまり人気がありすぎて売り切れ
供給が間に合ってない状態なんです!

このレコードプレイヤーのどこが凄いの?
ってことで調べてみました!

 

PS-HX500で出来る事(簡単に言うと)
・アナログレコードの再生
・レコードの音をハイレゾフォーマットで
パソコンに録音(ダビング)・保存が可能

 

PS-HX500で出来る事(難しく言うと)
DSD2.8MHzもしくは5.6MHzへの
ネイティブ変換に対応したADコンバーターを採用
アナログレコードの音を最大DSD5.6MHz
最大192kHz/24bitのリニアPCM方式などの
ハイレゾ・ファイルフォーマットで
録音、保存が可能

 

後半は難しいですね。
とにかく良い音でレコードをデータにしたい!
という方にうってつけの新製品ということです。

 

機械には疎い!
難しい操作は出来ない!
という方でもパソコンと
このPS-HX500さえあれば
簡単にレコードをデータに出来るんです。
データ化した音源はCDにダビングするもよし
そのままPCやプレーヤーで聴くもよし。

定価は61000円ですが、楽天最安送料込みで
52600円と定価より1万円程度安く購入できます!

楽天リンク

 

 

 

海外でも高評価のその性能!

This is Sony’s new PS-HX500
turntable — CES 2016

動画引用元:youtube

 

見た目もカッコイイですね~。
これを部屋に置いて、お酒でも飲みながら
そのままレコードを流してもいい気分になりそう

 

スポンサードリンク

ハイレゾって簡単に言うとどういうこと?

 

簡単に言うと、CDでは情報量を抑える為に
「記録しきれない音の領域」
があったのですが、ハイレゾ音源には
CDでは入りきれなかった情報が
たくさん入っている為
音の太さ、繊細さ、奥行き、圧力、表現力
が違うとのことなんです。

情報量は192kHz/24bitの場合CDの約6.5倍!!
ライブ音源の空気感なんかが感じ取れる
と言われております!

ソニーの公式ハイレゾ解説ページ

レコードにもこの情報量が
CD以上に含まれていると言われていますね。

 

↓の動画でゴリラが解説してくれています。

ハイレゾって何なの?
ゴリラが超分かりやすく解説してやんよ!
【ハイレゾ解説】

動画引用元:youtube

 

聞き取れない音域とは言われていますが
それでもやっぱりレコードはCDより
味がある音を奏でているように感じますよね。

 

その味のある音をそのままデータにする
っていう感覚ではないでしょうか。

 

しかし、スペースもそうですが、良い状態で
レコードを保存するのは結構難しいと思うので
悩んでいる方はデータ化した方も検討して
自分の好きな音をいつでも聞けるように
しておきたいですね!

楽天リンク

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメダイエット記事!

hige

管理人の体験談!

hige