最新のニュース、各地域の話題をお届け!

ジャパンブルージーンズ、桃太郎デニムの通販!ガイアの夜明け

デニムの本場オランダに挑戦した
JAPAN BLUE JEANSの特集の第2弾が
2016年4月19日(火)のガイアの夜明けで
紹介されるそうです。
「桃太郎ジーンズ」というワードの方を
知っているという人は多いかもしれません。
桃太郎ジーンズを販売していた会社
株式会社コレクトが海外展開用として
販売したのが「JAPAN BLUE JEANS」です。
そして現在は社名も変更され
「株式会社ジャパンブルー」となっています。

 

スポンサードリンク

JAPAN BLUE JEANS、桃太郎ジーンズの商品紹介

桃太郎ジーンズTV-CM動画【なぜ児島なのか編】

動画引用元:youtube

 

ブランド紹介動画【MOMOTARO JEANS編】

動画引用元:youtube

 

以下の楽天ショップは、どの商品も
試着可能なお店を選んでおります。

どうせ履くなら自分に合うサイズが
いいと思いますので試着サービスを
是非利用しましょう!

 

JAPAN BLUE JB2208
ラストワンサイズ(34インチ)なので
定価の半額!売り切れ必至!
22,000円→11000円の50%OFFセール
楽天リンク

 

 

JAPAN BLUE JB0206-J[aa]
楽天リンク

 

 

桃太郎ジーンズ MOMOTARO JEANS 1101SP
楽天リンク

 

 

桃太郎ジーンズ MOMOTARO JEANS 1705SP
楽天リンク

 

 

桃太郎ジーンズ MOMOTARO JEANS 0901
楽天リンク

 

桃太郎ジーンズ モモタロウジーンズ MOMOTARO JEANS G114-MZ
楽天リンク

 

 

桃太郎ジーンズ MOMOTARO JEANS 0705SP
楽天リンク

 

 

桃太郎ジーンズ MOMOTARO JEANS 0905SP
楽天リンク

 

 

JAPAN BLUE ジャパンブルージーンズ JB7052
楽天リンク

 

 

そして全然関係ないですが↓は
日本ブランドの皮財布。
分厚い革財布のエイジングって
めっちゃ魅力的です。
カッコよすぎるジャパニーズレザー財布
革蛸 kawatako 革蛸謹製 TYPE-U
ラウンドジップ ロングウォレット
楽天リンク

 

スポンサードリンク

ジャパンブルージーンズ、桃太郎ジーンズの魅力

岡山県倉敷市児島地区。
縫製の街として有名なこの場所にあるのが
株式会社ジャパンブルーのデニム工場

日本ならではの縫製技術で1本1本丁寧に
作られるジーンズが今注目を集めています。

動画引用元:youtube

 

株式会社ジャパンブルーの店舗一覧

桃太郎ジーンズ児島味野本店
住所:岡山県倉敷市児島味野1-12-17
電話:0864721301 年中無休

 

桃太郎ジーンズ岡山駅店
住所:岡山県岡山市北区駅元町1-1
岡山駅1Fサンフェスタ岡山
電話:0862311777 年中無休

 

桃太郎ジーンズ青山店
住所:東京都港区北青山3-11-7 AO2F
電話:0364279721 年中無休

 

桃太郎ジーンズ高円寺店
住所:東京都杉並区高円寺南3-49-1
電話:0364275441 定休日 火曜日

 

JAPAN BLUE JEANS 児島店
〒711-0913 岡山県倉敷市児島味野1-14-10
電話:0864862004 年中無休

 

JAPAN BLUE JEANS 岡山店
住所:岡山県岡山市北区磨屋町2-1 1F
電話:0862015882 年中無休

 

BLUE WALL
住所:岡山県倉敷市児島味野2-5-3
電話:0864763008 不定休

 

桃太郎ジーンズの歴史

社長の眞鍋寿男さんは藍染を30年ちかく
やってきた根っからの職人。
「青」に惚れた男です。
そんな眞鍋さんが2006年に作ったのが
桃太郎ジーンズ。

 

藍染はアイという植物からとった染料で
染めたものを指しますが、この桃太郎
ジーンズも藍染された青。
そんな「青」をもっとわかりやすく
伝える為に商品名や社名を
ジャパンブルーに変更し
海外でも戦っていこうと奮闘しています。

 

私が中学生の頃もジーンズブームの時期で
同級生がストーンウォッシュデニムを
作る為にジーンズをはいたまま風呂につかり
軽いしやたわしでゴシゴシこすっていたのを
覚えています。今思えば何十年も前から
ジーンズは色んな世代にファッション
アイテムとして愛されているんですね。

 

ジーンズの誕生っていつ頃か知ってますか?
なんと1870年代、つまり約150年前だそうです。

 

当時のアメリカの労働者はとにかく
丈夫なズボンを欲していました。

そのニーズにこたえる為に
ネヴァダ州で仕立屋をしていた
ジェイコブ・デイビス(ヤコブ・デイビス)が
サンフランシスコの織物商人
リーバイ・ストラウスから仕入れた
白い丈夫な綿帆布を使ってズボンを
使って作ったのが始まりだそうです。

 

ジェイコブがこのズボンを作っている
最中に馬用のブランケットにストラップを
つける為に使っているリヴェットを見つけ
リヴェットをポケットの隅に打ち付ければ
ズボンが丈夫になるかも?とういことで
リヴェットをつけたそうです。
リヴェットというのはあのボタンみたいな
やつのことですね。ジーンズのポケットの
隅にはたいていついています。
あれって強度を上げる為だったんですね。

 

この世界初のデニムが売れに売れます。
上記のリヴェットがその決め手だったそう。

ジェイコブはこのリヴェットのアイデアを
守るために特許を出願しようとしますが
出願にかかる費用が捻出できない。
そこで、布を持ち込んだリーバイ・ストラウス
と折半して特許を出願することに。

 

このリーバイ・ストラウス
もうおわかりかと思いますが
リーバイス(Levi’s)の生みの親。

ジェコブとリーバイ・ストラウス
がタッグを組んで始めたのが
Levi’sなのです。

 

ということで150年前に遠い国で
発明されたジーンズですが
今となってはほとんどの日本人が
持っているズボンになっています。
ジーンズの歴史を顧みると
なんだからジーンズが特別な
もののように思えてきますね!

 

SNSの声

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメダイエット記事!

hige

管理人の体験談!

hige